財産管理と成年後見


たとえ子であっても、親の財産を好き勝手に使ったり、管理したりすることはできません。しかし、もし親が認知症などで判断能力が欠けている状態だったとすればどうなるのでしょう。自分で財産の管理はできません。そういった場合は、第三者がその財産を管理することになります。そして多くの場合、それは子が担うべき責任となるのです。

判断能力が欠けている親の財産を子が管理するということですが、無条件でそれができるわけではありません。やはり法的な手続きを踏み、管理の許可を得る必要があるのです。ただ一方で、判断能力はしっかりしているけれど、足腰が弱く外へ出られない親に代わって、子が財産を管理したいということもあります。こういった場合も、子が勝手にその財産管理を行うことはできません

このように、親の財産を親に代わって管理したい場合は、財産管理契約を結ぶことになります。これにより親の財産を子が管理できるようになるのです。この契約には報酬が発生しますが、子が管理するのであれば、低額な報酬か、あるいは無報酬も可能となります。ただ、この契約は判断能力がある場合に限られ、判断能力がない場合は成年後見という制度を利用することになります。